メニュー

働き方 - ハクゾウメディカル株式会社

  headlogo 

日本語 English 简体中文 Thailand

 

働き方

営業部の働き方WORKSTYLE1

howto4

めまぐるしく変化するニーズに合わせた提案でお応えします

メディカル・介護部門医療・介護に専念していただくために

私たちは、商品を販売することだけが目的ではありません。私たちの製品を通じて、患者・要介護者の方を第一に考える医療・介護に従事する方々の、日々の忙しい業務を少しでもお手伝いできたら…そういう想いで活動しています。長年かけて築き上げたベストパートナーとしての信頼を大切に、全社で心をひとつにして現場と向き合っています。

BtoB部門(本社営業課)安心・安全な製品を医療分野以外にも

当社は長年、医薬品・医療機器製品を製造販売してきました。安心・安全を求められる医療機関向けで長年培ってきたノウハウを活かして、医療分野以外の企業様からの製造受託・滅菌受託も承っております。

仕事内容

大学病院をはじめとする各種医療機関や介護施設などに、アルコール消毒綿、ガーゼなどの医薬品、医療機器などを販売する仕事です。基本的には、担当エリアの各施設をクルマで巡回するルートセールスですが、自ら納品も行います。もちろん営業ですから、既存の取引先に対しては、新たな商材を使って頂くための情報提供やセールス活動は不可欠。また、日頃の営業活動の合間を縫って、当社と取引関係のなかった医療機関に対するアプローチも必要です。さらに現場で拾い上げた声の中から、先々の新製品開発に役立ちそうな情報を本社にフィードバックすることも仕事の一つ。営業担当の情報がヒントになって、ヒット商品が誕生することもあります。

営業部の働き方

一日の流れ

  • メールチェックを行い、一日のスケジュールを立てます。

  • 提案中の案件・新規案件の商談・各担当者と打ち合わせなどを行います。

  • お昼は休憩をしっかりとって、午後に備えます。

  • ドクター・ナース・用度課との面談/商談/情報提供などを行います。

  • デスクワーク・見積作成・一日のまとめ・翌日準備を行い、一日の仕事を終えます。

研究開発部の働き方WORKSTYLE2

howto3

医療・介護の『現場の声』に耳をすませたモノづくりをおこなっています

営業に同行し、現場とのコミュニケーションを大切に

スタッフが直接現場へお伺いします。
ハクゾウメディカルでは、開発スタッフが直接現場へお伺いし、ご要望やご相談を承るようにしています。そうすることで現場のニーズや問題・課題をしっかり把握し、ご満足いただける商品をいち早くご提供できると考えるからです。納品後のアフターフォローまできめ細やかに対応しています。

開発コンセプトは、時代や現場の声を先取りして

『プロモーター会議』に加え、定期的に『開発会議』を開催。R&D部門ならではの視点とアイデアで、毎年新しいアイテムを商品化し、市場に送り込んでいます。

仕事内容

研究開発の仕事は、第一に「医療機関でのニーズに合わせた新製品の開発」。次に「製品に関する品質管理と情報提供」。そして「学術情報などに基づいた営業支援」。この3点に大別することができます。新製品開発に関しては、何よりも医療現場での情報収集が大切。そのため、営業担当と同行することで、現場の声を収集することもあります。また、この業界においては、ターミナルケアや在宅医療の推進など、医療の在り方が従来とは大きく異なりつつあり、最新の状況に見合った企業戦略を練る必要があります。そうした幅広い観点から、衛生材料の開発に関わっていく意識が強く求められる仕事です。

営業部の働き方

一日の流れ

  • チームで取り組んでいるプロジェクトについて、メンバーで話し合います

  • チームで取り組んでいるプロジェクトについて、メンバーで話し合います。また、商品の仕様について打ち合わせを行います。

  • 社内で社員とおしゃべりしてリフレッシュします。

  • 講演を聴講して勉強したり、他社の商品をチェックしたりします。

  • 担当する商品について、情報収集・試作・実験などを行い、アイディアを絞ります。その後は、翌日の準備を行い、終業となります。

Copyright © ハクゾウメディカル株式会社 All Rights Reserved.