メニュー

スタッフインタビュー - ハクゾウメディカル株式会社

スタッフインタビュー

アットホームな社風は昔から変わらず、楽しく仕事をする事ができております。

H.Yさん

プロフィール・経歴

氏名 H.Yさん
所属部所 仙台営業所
入社 17年目
出身学校名 同志社大学
出身学部・学科名 工学部 機能分子工学科
入社してから現在までのキャリア

①広島営業所で営業(5年間)
②南大阪支店で営業(5年間)
③大阪中央営業所で営業(3年間)
④仙台営業所で管理職(現職・4年目)

1日のスケジュール
8:00 メールチェック(メールをチェックし、1日の仕事の予定をたてます)、営業所管理業務
10:00 外回り営業
17:00 見積り等の内勤業務
18:00 社内ミーティング(月曜日)、営業所管理業務

お仕事Q&Aはこちら!

  • 現在、担当している仕事

    営業所の運営・管理。医療・介護施設の営業。

  • 現在、担当している仕事の面白さとは

    現在、営業所長として営業所の運営・管理を任されております。やはり一番大切な仕事は自分を含め所員が成長する手助けをする事です。そのためにはどうすれば良いのかを常に考えて営業所運営を行っております。仕事を任せる際には、なぜその人に任せるのかの理由を説明し、納得を得た上でお願いするようにしています。例えば、営業戦略を立てるのが苦手なメンバーには重点商品のプロモーターになってもらい、プロモーターの活動を通じて学んでもらいます。また、代理店様への値引きの仕組みがなかなか理解できていない所員には、その値引き処理担当をお願いします。一つの組織として、将来を見据え最も力が発揮できるようにしっかり役割分担を行っております。そうした日々の業務の中で、良い結果が出せ、所員の成長を感じた時が一番喜びを感じる瞬間です。

  • 実際には、どのようなストーリーがありましたか

    私が営業所長として赴任して2年目です。新設の営業所でまだまだ売上金額の少ない営業所でしたが、メンバーには当社の売上目標達成の表彰対象になる2000万円をまずは目指そうと話しをしておりました。メンバー全員が一緒にその目標に向かってくれ、1つになれました。営業で他社商品に切り替えられ、大きなマイナスを作ってしまうメンバーもいましたが、他のメンバーから自然と「残りの5人で割るとたいした金額ではないので、なんとかなりますよ」と声掛けがありました。その光景を見たときは非常にうれしかったのを今でも記憶しております。営業は自分の成績だけを見てしまいがちですが、この時に真剣に一緒に同じ目標を目指した事で強い組織になれたと感じました。結果、目標を達成する事ができたことは非常にうれしい出来事でした。

  • この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか

    売上げの少なかった営業所が月間目標金額2000万円を超えて達成した事。

  • 入社志望のポイント、理由

    アットホームな組織風土に魅力を感じた

  • 入社した決め手は何でしたか

    私の学生時代には家族など身近に医療関係で働く人が多く、私も自然と病気や怪我で苦しむ人のために働きたいと思うようになりました。医療関係の会社に絞って就職活動していた際に、この会社とは合同説明会で出会いました。その際に、すごくアットホームな雰囲気を感じました。やはり一生働く会社である以上、社内の風通しが良く、しっかりと上司や先輩から指導いただけ、社会人として自分自身が成長できる会社が良いと思っていました。その後の総務の面接、社長の面接も変わりなくアットホームな雰囲気を感じ、迷うことなくこの会社を選択しました。会社行事も多く社内みんなが知り合いというアットホームな社風は昔から変わらず、楽しく仕事をする事ができております。

  • 現在、就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

    就職活動をする方の中には、自分が何をしたいのかがわからず、何となく就職活動をしている人も多いと思います。もしかすると自分の方向性を見つけられず、焦りを感じている学生さんもいるかもしれません。
    そんな方には、とにかく様々な企業・業界を見て、様々な方の話しを聞くという事をアドバイスします。会社の規模などに目を向けてしまいがちですが、やはり一番大切なのは自分が何をしたいのか、また社会にどのように貢献していきたいのかだと思います。視野を広げて就職活動する事で、これがしたいと思える企業が見つけることができると思います。大変だと思いますが、楽しんで就職活動を行って下さい。

H.Yさん

H.Aさん

プロフィール・経歴

氏名 H.Aさん
所属部所 営業部 マーケティング課
入社 7年目(産休・育休含む)
出身学校名 京都工芸繊維大学大学院
出身学部・学科名 工芸科学研究科 応用生物学専攻
入社してから現在までのキャリア

①研究開発部(産休育休を経て7年間)
②営業部 マーケティング課(現職・1年目)

1日のスケジュール
9:15 出勤・メールチェック(時短)
10:00 社内ミーティング(チームで取り組んでいるプロジェクトについて、メンバーで話し合います)
11:00 外部の方と打ち合わせ(商品の仕様について打ち合わせを行います)
11:30 お昼(社内で社員とおしゃべりしてリフレッシュ)
12:30 展示会の見学(講演を聴講して勉強したり、他社の商品をチェックしたりします)
14:30 社内一人会議(担当する商品について、情報収集・試作・実験などを行い、アイディアを絞ります)
15:15 帰宅(時短、ダッシュで保育園にお迎えです)

お仕事Q&Aはこちら!

  • 現在、担当している仕事

    医療現場で使用される商品の企画・開発

  • 現在、担当している仕事の面白さとは

    全国の病院・クリニックで使用される商品の企画・開発を行っています。まずはどんなことについてお困りなのか、病院を訪問して現場の方に直接お聞きすることから始まります。その後、商品およびコンセプトの立案、市場調査、仕様の決定、社内外での商品プレゼンテーションなどを行っていきます。自分の担当商品には初めから終わりまで携わることができるため、商品に対する愛着が生まれます。また大学や団体と共同で商品開発に取り組むプロジェクトもあり、様々な経験ができます。医薬品や手術に使う商品など、専門性の高い商品を担当することもあります。自分が開発した商品が、人を助ける現場で使われることにやりがいを感じています。

  • 実際には、どのようなストーリーがありましたか

    私は、出産したお母さんと赤ちゃんが使う、産科分野の商品を担当していました。命がけである出産を終え、一番大変だったお母さんに喜んでもらえる商品にしたい。これから始まる育児に備え、少しでも癒されて欲しい。そんな想いを込めた産科のブランドを、入社3年目に立ち上げることになりました。ブランドコンセプトを考え、それに基づきパッケージデザインを見直し、各商品の仕様もより使いやすいように変更しました。全体の変更だったため商品数も多く、また各部署との調整もあり1年近くかかりましたが、たくさんの方々に助けていただき、実現となりました。無事にブランドがデビューした時は、とても嬉しかったことを覚えています。出産・育休を終えて復帰した今、新たな視点でお役に立てる商品を今後も考えていきたいと思います。

  • この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか

    新しいブランドの立ち上げ

  • 入社志望のポイント、理由

    医療現場で働く方のお役に立てる商品を開発できると感じたから。

  • 入社した決め手は何でしたか

    医療業界を希望して就職活動をしていました。患者さんのための商品ではなく、医療現場で働く方が使う商品を取り扱うハクゾウメディカルを知り、興味が湧きました。忙しい現場での毎日の作業を、安全かつ効率的に行えるように工夫を凝らした商品を作っていることが説明会で分かりました。過酷な医療現場で働く方のお役に立ちたいと感じ、入社を決めました。また私は商品開発を希望しており、1つの商品に初めから終わりまで関わることができる、取り扱っている商品が幅広い、ということも魅力でした。

  • 現在、就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

    本当にたくさんの会社があり、とても迷われると思います。ホームページではあまり違いが分からなくても、会社説明会などで実際に話を聞くと、同じ業界でも会社ごとにカラーがあると感じました。大変だと思いますが、人生で一度しかない貴重な機会なので、色んな会社に足を運ぶと良いと思います。しっかりと考え、時には周りに相談し、広い視野を持って就職活動を頑張ってください!

H.Aさん

H.Tさん

プロフィール・経歴

氏名 H.Tさん
所属部所 三河営業所
入社 4年目
出身学校名 同志社大学
出身学部・学科名 生命医科学部 医情報学科
入社してから現在までのキャリア

京都営業所(2年間)
三河営業所(今年で2年目)

1日のスケジュール
7:30 メールチェック(1日の仕事の準備をします)
9:00 担当エリア病院の営業活動・納品活動
17:30 営業所に帰社(メールチェック・見積書作成等事務処理)
19:00 退社

お仕事Q&Aはこちら!

  • 現在、担当している仕事

    衛生材料の提案・販売

  • 現在、担当している仕事の面白さとは

    担当エリアでの病院・施設等で衛生材料の提案と販売を行っております。病院・施設で当社の商品を使用していただくことで現場の方の業務効率化等のメリットを感じてもらえた時に喜びを感じます。

  • 実際には、どのようなストーリーがありましたか

    営業活動は物を売る仕事ではありますが、人対人の仕事ですので人間関係という点は非常に重要だと考えております。そこで私が仕事をしている中で喜びを感じられる点としては、自分のことを業者さん「(会社名)さん」と呼ばれることがほとんどですが、訪問回数を重ね、人間関係ができてくると自分の名前で呼ばれるように変わったときというのは喜びを感じ、やりがいというものを感じます。また担当エリアが外れても学会等で会うと、気軽に話ができたりする時には喜びを感じ、やりがいにつながります。

  • この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか

    人間関係の構築が肌で感じられたとき。

  • 入社志望のポイント、理由

    諸先輩方や上司の方の温かさや、組織風土が魅力的だった。

  • 入社した決め手は何でしたか

    就職活動では医療機器のメーカーを主に訪問しておりました。医療活動に携わりたいということが第一にありました。また仕事をするうえで人付き合いという点が非常に大切であると考えて就職活動を行っておりました。この会社に決めたのには2つの理由があります。それは先輩方が厚かましいほど面倒見がよく、訪問してきた会社の中でも一番人の温かさというものを感じたことです。また2つ目の理由としましては、衛生材料メーカーの業界の中で1位ではないが1位になりうる可能性を秘めた会社だったからです。業界1位の会社に勤めるメリットは多くあるかと思います。しかし業界1位を目標に向かって追いかける楽しさ・やりがいを感じ日々仕事に勤しんでおります。

  • 現在、就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

    就職活動をするうえで正直なことを述べますと自分自身やりたいことというところで「絶対にこれがやりたい」というところはありませんでした。ある方は積極的にとことん突き詰めていただけたらと思います。就職活動の後の人生は、今までの人生よりも長い時間会社で仕事をすることになります。私は会社内の雰囲気や風通し、先輩方の人当たりの良さという点を軸に就職活動を行い今の会社に入りました。入ってみるまで不安でしたが入ると本当に先輩方に恵まれていると感じております。就職活動という非常に短い期間で今後の人生に大きく左右する会社を選ぶということは非常に重圧に感じ、慎重になると思いますが萎縮せずリラックスして就職活動を全力で行ってください。

H.Tさん

N.Yさん

プロフィール・経歴

氏名 N.Yさん
所属部所 福岡営業所
入社 2008年入社
出身学校名 松山大学
出身学部・学科名 経済学部 経済学科
入社してから現在までのキャリア

営業(11年目)

1日のスケジュール
8:00 出社・朝礼(メールチェック・見積作成・資料準備 1日のスケジュールを確認)
10:00 取引先訪問(提案中の案件・新規案件の商談 各担当者と打ち合わせ)
11:00 病院訪問(ドクター・ナース・、用度課との面談/商談/情報提供など)
12:30 昼食
13:30 病院訪問(ドクター・ナース・、用度課との面談/商談/情報提供など)
17:00 帰社(デスクワーク・見積作成・一日のまとめ・翌日準備)

お仕事Q&Aはこちら!

  • 現在、担当している仕事

    「自己満足ではなく、お客様満足を目指して」

  • 現在、担当している仕事の面白さとは

    私たちの取扱っている商品は、衛生材料という消耗品がメインです。病院の中で一番使って頂いているのは看護師さんです。
    その為、普段から看護師さんに商品についてのお話をする事がとても多いです。新規訪問から定期訪問含めて、営業は、色々な方と接する事が非常に多いので、特に第一印象は大切にしています。また、なるべく相手の立場になって考えるように接客しています。売りたい物と買いたい物は必ずしもイコールでは無いので、決して自分本位にならないようにお客様と一緒に問題・課題を解決出来た時は一番達成感を感じる瞬間でもあり、やりがいを感じる仕事です。

  • 実際には、どのようなストーリーがありましたか

    入社3年目、当時担当エリアが変わり新しく任せて頂ける事になったN病院。以前からN病院では手術室のAさんと歴代の営業マンとの関係が構築されており、前任者からも対応には気をつけるように言われておりました。引継ぎ時、Aさんは淡々と前任者と会話をしており横にいる私の存在がいないかのような感じで、引継ぎ中はほとんど話しかけられる事無く、引継ぎが終了。そんな状況の中、初めて一人で訪問した時の緊張感は今でも忘れません。前任者と比較される日々でも何とか対応しつつ、少しずつ話が出来るようになった時に、Aさんから○○さんと名前で呼んで頂く事がありました。何気ない会話でしたが、とても嬉しかったのを覚えています。今思えば、Aさんに認められたい一心でがむしゃらに取組んでいた事が報われた瞬間だったと思います。

  • この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったことはどんなことですか

    得意先から会社名ではなく、名前で呼んで頂けたこと

  • 入社志望のポイント、理由

    医療現場に寄り添い、人の役に立つ事を肌で感じれる仕事が出来る会社。

  • 入社した決め手は何でしたか

    正直、私が学生の頃は皆様みたいに就職活動の為に色々な企業を調べたり・聞いたりと言った行動は出来ませんでした。
    恥ずかしい話ですが、当時一人暮らしの為に就職活動費が限られていました。都市部の大学では無かったので、遠方先への交通費や活動費を考えた時に、自分の唯一興味のあった医療分野に狙いを絞って就職活動をした時に、今の会社に出会いました。一番、印象的だったのは「現場主義」という言葉です。今でも変わらない会社の大事なキーワードです。直接対話する事で、生まれてくる物があります。製品であったり・信頼関係であったりと、そういった環境で自分自身を試したい思い、この会社でお世話になりたいと入社を決めました。

  • 現在、就職活動をしている学生にアドバイスをお願いします

    周りの意見は気にせず、自分自身の肌で感じた物を大事に、就職活動に取組んで欲しいと思います。迷っている時は、自分が真剣に考えている証です。最終的に自分で決断した時は自信を持って、臨んで下さい。体調管理には気をつけて、最後まで諦めずに頑張って下さい。

N.Yさん

Copyright © ハクゾウメディカル株式会社 All Rights Reserved.