メニュー

マスクの裏表の見分け方 - ハクゾウメディカル株式会社

  headlogo2  online shop

日本語 English 简体中文 Thailand

 

医療に関するお役立ち情報

マスクの裏表の見分け方

作成日:2020年04月07日(火)

マスクを着けている方を、街でもたくさん見かけるようになりました。

ところで、マスクの表裏って、
どっちが表?裏か?すぐ分かりますでしょうか。

はっきり書いてないので、分かりにくいですよね。

今回、表裏の見分け方をお伝えします。



STEP①

まず、マスクの上下を見極めます。
硬いものが入っている所があります。

これはノーズフィッターと言って、鼻にマスクをピッタリ沿わせるためのものです。
つまり、硬い方が上です。

 STEP②
次に、マスクの折りたたみ方を見てください。折りたたみ方は2種類あります。
A:マスクの上(鼻)側が一番高い折りたたみ方
B:マスクの中心が一番高い折りたたみ方

column B 1 2   column B 1 3

STEP③
A・Bのどちらも、一番高い部分が外側に来るように着けるのが正しい着用手順となります。

column B 1 4

正しく装着できていますか?

マスクを着けるだけで安心していませんか?
マスクはきちんと着けないと効果が減ってしまいます。

まず、鼻マスクをしている方、これはあまり意味がありませんので気を付けてください。
できるだけ顔に沿わせることが重要なので、
「鼻にしっかり沿わせる」「マスクを伸ばしてあご下まで入れる」ことを意識してみてください。

そして最後に捨てる時。
外側は汚染していると考えられますので、
触らないようにヒモ部分を持って捨てるようにしてください。


 

関連コラム

マスクの性能について
マスク工業会の会員マークについて

 

ハクゾウメディカル 製品のご案内

 ハクゾウオメガマスクプラス

p02 i omegamask plus 1

医療現場でも使用されているマスク。
スムーズな付け心地で、日常の感染予防対策にご利用いただけます。

製品のご購入はこちらから ボタン

ーハクゾウオンラインショップはこちら


 

Copyright © ハクゾウメディカル株式会社 All Rights Reserved.