メニュー

マスクの性能について - ハクゾウメディカル株式会社

  headlogo2  online shop

日本語 English 简体中文 Thailand

 

医療に関するお役立ち情報

マスクの性能について

作成日:2020年04月07日(火)

皆様が感染予防で着用されているマスク😷ですが、
みんな同じに見えても性能に違いがあります。

column B 2 2

column B 2 3

マスクの箱に「BFE:99%」「PFE:99%」などと書かれていることがあります。
「99%」って、どういう意味??なんて思ったことありませんか?

これらは、一般財団法人カケンテストセンターという試験機関で行われています。


試験項目試験内容
BFE試験 細菌濾過効率細菌を含む粒子(約3マイクロメートル)が除去された割合(%)
→主に花粉や細菌レベルの粒子を99%除去できている。
PFE試験 微粒子濾過効率試験粒子(0.1マイクロメートル)が除去された割合(%)
→主にウイルスレベルの粒子を99%除去できている。
人工血液バリア性 疑似血液を一定の圧力で透過したかどうかの試験。マスクの強度を計測します。
→マスクの内側への血液の透過有無を肉眼で観察。強さは3段階。透過しなければ合格。

圧力損失

マスクの呼吸のしやすさを表すための試験。
一定流量の空気をマスクに流して、マスクの外側と内側の圧力差を数値で示して数値が低い程、
呼吸がしやすいと言えます。

これらの試験が書いてあるマスクは、上記試験を行っているという証明にもなります。



ちなみに箱には記載していませんが、
下記のような試験を行っているマスクもございます。

試験項目試験内容
燃焼性試験 燃焼性の試験。一定条件でマスクに炎をあて、燃え広がる速度を測定。
クラスは3段階。クラスが低い程、燃えにくい。
遊離ホルムアルデヒド試験 液相抽出により抽出されるホルムアルデヒド量を評価する試験。
→過度のホルムアルデヒドが使用された衣料品などを着用した場合、粘膜刺激や皮膚アレルギーを生じる危険がある為、「遊離ホルムアルデヒド試験」を行うことで、事前に察知します。

是非、マスクを購入する際の目安にしてみてください。

 


 

関連コラム

●マスクの裏表の見分け方について
●マスク工業会の会員マークについて

 

ハクゾウメディカル 製品のご案内

 ハクゾウオメガマスクプラス

p02 i omegamask plus 1

医療現場でも使用されているマスク。
スムーズな付け心地で、日常の感染予防対策にご利用いただけます。

製品のご購入はこちらから ボタン

ーハクゾウオンラインショップはこちら

 

Copyright © ハクゾウメディカル株式会社 All Rights Reserved.